読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

景虎日記

無駄な考え、無駄なあがき、無駄な偏愛と偏見による電子書籍とWeb小説、その他もろもろの記述。

プライムビデオの「MrRobot」を早く見ておけ!

アマゾンプライム 映画・テレビドラマ

 どうも。俺だ。景虎だ。

 さてと、いきなりだがキミに質問したいと思う。
 キミはもうAmazonプライムビデオの「Mr Robot」を見ただろうか?

 

やあ、君
 

 

www.amazon.co.jp

 もしもキミがこの問いにNOと答えるのであれば、喜んで欲しい。「Mr Robot」はとびきり面白いし、それに今ならシーズンワンを続きを待たずに一気見することが出来るからである。
 今日はそんな俺のオススメの海外テレビドラマ「Mr Robot」について紹介していこうと思っている。
 それではいってみよう!

 

絶対にテレビでは放映できない作品「Mr Robot」

http://www.flickr.com/photos/70285332@N00/2587091353

photo by ▓▒░ TORLEY ░▒▓

 さて、今回紹介する「Mr Robot」だが、まずどんな作品なのかを大まかに説明すると、「絶対にテレビでは放映することができないハッカー物クライムサスペンス」なのである。
 なぜ、テレビで放映できないか?
 それはおそらく見て頂けるとすぐにわかるだろうが、それぞれの登場人物を「どれが正義でどれが悪だ」とはっきりさせていないからである。
 主人公であるスーパーハッカーのエリオットは悪かもしれないし、せいぎかもしれない。その描き方があまりにも非道徳的すぎて、テレビで放映するには色々と問題があるように感じるのである。

善も悪もクソもないストーリー!

http://www.flickr.com/photos/80522246@N00/2599969114

photo by 1lenore

 しかし、だからこそ、この作品が素晴らしく面白いともいえるのである。
 ヤク中で、精神不安定で、会社の同僚のプライベートなどをハッキングしまくるエリオットは、明らかに正義のヒーローとは言い難いだろう。そして、彼がFソサエティというハッカー集団に入り、行っていくことになる「世界同時データサーバーハッキングによるアメリカ国民の借金の帳消し」という革命的行為も、これまた正義とは言い難い。
 一部にとってそれは革命とも言えることなのかもしれないが、それが絶対的な正義として描かれる勧善懲悪の物語ではないのである。
 そう、ブレイキングバッドのような作品が好きな方なら間違いなくオススメしたい作品のひとつなのである。

エリオットのクラッキングテクニックが見応えあるよ

http://www.flickr.com/photos/47319178@N08/6654073741

photo by sobczak.paul

 また、セキュリティー会社で働いている冴えない主人公、エリオットの行っていくハッキング、またはクラッキング行為がこれまたスゴイ。
 古いハッカーのイメージとしては、キーボードをカタカタやってばかりいるものがあるがエリオットはそうではない。
 時に対象者と接触したり、あの手この手でハッキングをしていくわけである。もうそれが純粋に見ていてハラハラさせられる。
 街で「ちょっと携帯をなくしてしまって、家族に電話をしたいのだけど携帯を貸してくれないか?」などと声をかけられたら、俺ならうっかり善意から貸してしまいそうな気がするが、まさにその行為が命取りとなって、色々と個人的な情報をハッキングによって奪われてしまったりするわけなのである。
 勿論、それだけではなく色々な手法を使ってエリオットがハッキング行為を繰り返していくのだが、これが本当に見ていて面白い。そして、ある程度の脚色もあるのだろうが、非常に勉強になるのである。

一番の見所なハッキングはこれだ!

http://www.flickr.com/photos/74601184@N00/6995946039

photo by neeravbhatt

 そんな「Mr Robot」の一番の見所ともいえるハッキングは、なんといっても物語の中心にあるといえる、データサーバーのハッキングである。
 なんだか、キーボードをカタカタやれば、ステレオタイプなハッカーであればなんとか出来てしまいそうであるが、話はそう単純ではない。
 そう、そのデータサーバーはネットに繋がっていないのである。ネットに繋がっていないスタンドアロンなデータサーバーにどうやってハッキングを仕掛けるのか?
 どのようにしてデータサーバーのデータを消してしまうのか?
 これが本当に面白くて仕方がない。見よう。今すぐみよう。

シナリオも秀逸

http://www.flickr.com/photos/12584908@N08/3293117576

photo by jjpacres

 当然このようなハッキングシーンだけでなく、二転三転するそして、何が現実で何がエリオットの妄想なのかがわからなくなるという、独特なシナリオも非常に魅力的である。
 エリオットをFソサエティというハッカー集団に導いたミスターロボットとは一体なにものなのか? そして、データサーバーの破壊は一体どうなるのか?
 借金が帳消しになった世界は一体どうなるのか?
 もう、語っても語っても減らないほどに見所が盛りだくさんなのである。
 是非、キミもAmazonのプライム会員なのであれば、この「Mr Robot」だけは見ておくといいだろう。
 これだけを見るためだけにプライム会員になるのも全然ありだと思えるほどの傑作海外テレビドラマなのである。

 

 

f:id:kgtr:20160118113516p:plain

 

 さてと、なんだか無茶苦茶褒めちぎってしまったが、確かに内容が内容だけあって好き嫌いも別れる作品だろうと思う。特に主人公エリオットのインモラルな魅力は、人によっては嫌悪感を覚えるかもしれない。

 試しに1話だけ見てみて、気になったら続きを見てみるといいだろう。

 しかし、断言しておくが、これの1話にハマったらあとは、もう最後まで見ないでいることは出来ないだろう。

「Mr Robot」はそんな海外テレビドラマの「見始めたら終われない」という特性を最大限に発揮している作品だからである。

 是非、キミもこれをみてドップリハマってみてほしい。そしてTwitterなどで感想を語り合おう。

 それでは、Mr Robotの世界でキミを待っている。

 では、失敬。

 

やあ、君
 

 

www.amazon.co.jp

 

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 (ちなみにハッカーものの作品だと個人的にこの王様達のヴァイキングという作品も推したい。これもものすごく面白い。現在のサイバーテロについて見聞を広げることが出来る上、純粋に物語としても面白いのである。機会があれば、この作品についても詳しく紹介していきたいと思っている。)

 

www.10kgtr.net

 

 

 

CC-BY3.0 2015 景虎日記 天王丸景虎