読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

景虎日記

無駄な考え、無駄なあがき、無駄な偏愛と偏見による電子書籍とWeb小説、その他もろもろの記述。

サイバーテロの今がわかる「王様達のヴァイキング」を読んでおけ!

本・漫画 読んだ本 電子書籍

 どうも。俺だ。景虎だ。

 さて、今回は俺が何度も各所でオススメしているマンガ作品、「王様達のヴァイキング」について書いていきたいと思っている。キミは「また漫画家かよ」と若干うんざりした顔をしそうだが、まぁ、黙って読んでみたまえ。

 これが本当に凄いハッカーマンガなのである。ストーリーよし、キャラクターよし、そして知識量が凄いというものすごい作品なのである。

 そこで、今回はこのマンガを買うべき理由について大まかに語っていくこととしよう。

 さて、それでは始めようか。 

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 

 

エンジェル投資家と凄腕ハッカー(クラッカー)の物語

http://www.flickr.com/photos/16796181@N00/1596388320

photo by zodman

 ストーリーとしては、コンビニバイトすらもまともに出来ず、高校も中退している是枝という主人公が、エンジェル投資家である坂井という人物に拾われるところから始まる。なぜ拾われたのか?

 それは彼が世間への憂さ晴らしからサイバー攻撃を仕掛けまくっているというどうしようもないクラッカーだったからである。といってもしょぼいサイバーテロではなく、大手金融機関にハッキングを仕掛けたり、政府のサイトを改ざんしたりといったものすごく程度規模のでかい物なのである。

 投資家の坂井は主人公、是枝のそのハッキングの腕を「凄い」と思っており、「是枝の未来の為に投資をしたい」と声をかける訳なのである。それからというもの投資家坂井の元で様々なことを学んでいき、多くのサイバーテロリスト達に対して「攻撃してクライアントを守る」という苛烈なスタイルのホワイトハッカーへと成長していくという物語なのだ!

 

 いやね。これ、本当に面白い。

 

 勿論、実際のハッカーやプログラマーの人からしてみればツッコミどころがある部分も若干あるのかもしれないが、現在の日本で非常に身近に起こりうるサイバーテロという物をよく調べて書けているし、その上、エンターテイメントとしても非常に面白い作品なのである。

 もしかしたら、キミは知らないかもしれないが、あの電書で大当たりしている「うめ」氏の描いた「スティーブズ」というマンガや「東京トイボックス」、もしくは「鈴木みそ」氏の描いた「ナナのリテラシー」が好きだったりしたら、間違いなく大ハマりすること間違い無しである。

 まぁ、この魅力を語り尽くすととても長くなってしまうので、短く三つにまとめるとここがこの作品の魅力なのである。 

  1. サイバーテロの勉強になるかも
  2. エンターテイメント作品としても優れている(主人公が魅力的!)
  3. ドラマ化の可能性も非常に高い!

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 

オリンピック前にサイバーテロの勉強をしよう!

http://www.flickr.com/photos/56334409@N08/7658457214

photo by id513128

 そう、実はこのマンガ、結構タイムリーなマンガなのである。日本で開かれるオリンピックにおいてサイバーテロの危険性が叫ばれているが、実際どんなことがあるのかあんまりピンとこない人や、「親がそうだよ」という人もいるだろう。

 このマンガはそんな人が非常に取っつきやすくサイバーテロについて学ぶことが出来る教本のもなるだろうと俺は思っていたりするのである。

 様々なサイバーテロやハッキングに関する情報もわかりやすく描かれている上に、ちゃんと巻末に用語解説までしっかりと描かれていたりするのである。
 もうね。これが現実に完全に即しているかどうかはわからないけれど、非常に勉強になりましたよ。

 もう、タイトルを「マンガで学ぶサイバーテロ」にしちゃってもいいんじゃないかなと思えるほど情報量が多いのである。それでいて読みやすい。本当に恐ろしい作品ですよこれは。

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 

勿論純粋なエンタメとしても面白い

http://www.flickr.com/photos/100217452@N03/14738822928

photo by Hung Hei Long

 そう、そして純粋なエンタメとしても魅力的なのである。

「サイバーテロとかなんか身近じゃないし、難しそう」と思っている人もどっぷりと浸かってしまうほどに、この作品は純粋なストーリーとしても優れているのである。

 少し前にBlogで「Mr.Robot」について紹介したが、あの主人公のエリオットと同じような危うさが主人公の是枝にもあって、それでいて、しっかりと日本のマンガとして成立するように可愛らしさも残しているというのが凄い。

 

www.10kgtr.net

 

 勿論、是枝が戦っていくことになる敵となるサイバーテロリストも非常に魅力的なキャラクターばかりだ。

 そしてクライムサスペンスとして読んでも――というかこれが仮にドラマとして放映されていたとしても、間違いなく傑作になるだろうと思えるほどの濃密さなのである。

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 

おそらくそのうちドラマ化されるかも?

http://www.flickr.com/photos/10926483@N00/2140719261

photo by enggul

 また、おそらく、俺の読みではこの作品はそのうちドラマ化されるのではないかと思っていたりするのである。

 内容が内容であるからアニメ化はされないと思うが、ドラマの原作としては、間違いなく当たりの臭いしかしないのである。

 ストーリー、知識、そしてキャラクター、この三拍子をしっかりと押さえた上で、しっかりとメディアミックスがしやすい作りにしてあるというのが本当に凄い!

 是非、話題になる前に読んでおいてほしい。

 そう、俺は思っているのである。

 

f:id:kgtr:20160118113516p:plain

 

 さて、今回は俺が大好きなマンガ「王様達のヴァイキング」について語ってきた訳だがいかがだっただろうか? 正直な話、まだこの作品を読んでいないのであれば、今すぐに一巻を試しに読んでみるべきだと思っていたりするのである。

 なぜなら、俺がいくら言葉を尽くしてもこの面白さは読むまで決してわからないはずだからである。だから、まずは、一巻だけ買ってみて試しに読んでみて欲しい。

 そして、その面白さの虜になって、是非すべて読んで俺とこの作品の面白さについて語り合おうじゃないか。あまり有名になっていない作品だけあってこれから絶対に伸びてくる作品だと思っている。

 是非これからはこの作品を応援してやって欲しいと切に願っている。

 では、失敬。

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 

 

 

CC-BY3.0 2015 景虎日記 天王丸景虎